Information about Skiing in Japan

 

スキー、スノーボード主要エリア別情報

日本のスキーエリアに関して

日本には北海道(最北の島)、本州(本島)の関西から東北にかけて500以上のスキー場があります。日本のスキーと言えば、ニセコや白馬といったエリアが有名ですが、日本には他にも魅力的なスキー場がいっぱいあります。当サイトでは、日本各地のおすすめのスキー場(口コミやおすすめのコース等)、バックカントリーエリアの紹介、子供連れでのスキー旅行での楽しみ方等を、紹介します。美しい日本の雪景色、世界最高クラスのパウダースノー、温泉、日本食、日本文化があなたを待っています。

北海道

日本の最北に位置する島で最高のドライパウダーを楽しめます。ニセコ、ルスツ、キロロといった大規模なスキー場ではスキーリゾート気分を存分に満喫できます。バックカントリースキーヤーであれば、旭岳、黒岳、赤井川、ニセコエリア等では最高のパウダースノーの中でバックカントリーを楽しむことが出来ます。北海道へは成田、羽田、大阪からの国内線だけでなく各地からの国際線も就航しています(香港、ソウル、北京、上海、バンコク等)。

東北

北海道に劣らないドライパウダーを楽しむことの出来るエリアです。スキー場の数はそれほど多くありませんが、安比、夏油、蔵王温泉といった魅力的なスキー場が多く存在します。まだまだ訪れる外国人スキーヤーも少なく、良い意味で本当の日本らしいスキーを感じられるでしょう。新幹線を利用すれば岩手(盛岡)まで約2時間20分。青森までは3時間15分です。

長野

本州の中央に位置します。標高3000mクラスの山々が豊かな積雪をもたらしてくれます。1998年の冬季オリンピックの開催地でもあり、日本が世界的に誇ることの出来るウィンタースポーツの中心と言えます。多くのエリアでは美しく、雄大な山岳景色を楽しむことが出来るのも長野の魅力です。主なスキーエリアとして白馬、志賀高原、斑尾、野沢温泉が挙げられます。白馬であれば新幹線を活用すれば東京から3時間半程度で到着できます。

岐阜

本州に位置し、長野県の東側に位置します。名古屋や関西(大阪、京都)からの交通アクセスも良くこれらの都市部のスキーヤーに人気のエリアです。2019年より高鷲エリアの6つのスキー場が提携し「TAKASU MOUNTAIN」というリフト券等の共通化サービスが始まりました。世界遺産の白川郷や飛騨高山も近く観光と合わせてスキー体験をするのにお勧めのエリアと言えます。主なスキー場には名古屋からバスで2時間以内で到着できます。